wimax2+は自宅PCの固定回線代わりになるのか

wimax2+は自宅PC用の固定回線代わりになります

結論から先に言えば十分固定回線代わりになります。

 

ただ、私のPCの性能や使用頻度、通信環境とあなたのとは全く異なるでしょう。なので、一番はその場で実際に試してみることですが、普通なら契約しなければ成り立たないことです。

 

そこでお勧めしたい方法が、wimax2+を15日間無料でお試しできるTry WiMAX

 

このTry WiMAXは、WiMAX2+を提供している「UQコミュニケーションズ」が、WiMAX普及のために行っているレンタルサービスなので誰でも安心して利用できます。
Try wimax

Try WiMAXはこちら

ただし注意点が2つあります。一つは必ずエリア確認を行ってください。お住まいがwimax2+のエリア外であれば全く使えない可能性もあるからです。

 

詳しい確認方法は

Try WiMAXでエリア確認する際のポイント

をご覧ください。

 

もう一つが、お申し込み者本人名義のクレジットカードが必要となります。無料レンタルなのにクレジットカードが必要なの?と疑問になりますが、これは貸出機器を返却しなかった場合や紛失、壊した時にクレジットカードから違約金を支払うシステムとなっているからです。

 

クレジットカードを提示して契約するのは少し抵抗がある方もいると思いますが、wimax2+のプロバイダ契約は、そのほとんどがクレジットカードでの決済となるので持っていない場合はこれを機に作っておいた方がいいでしょう。

 

WiMAX2+を実際に試すべくTry WiMAXをレンタル

Try WIMAXが自宅に送られてきた状態
こんな状態で送られてきます。TSUTAYAの貸出しバッグみたいですね。

 

Try WIMAX注文した中身の全容
箱の中に入っているのは、ホームルーター本体、アンテナ2本、USB充電器、LANケーブル、取り扱い説明書、返却方法が記載されたカード、キャンペーン等が書かれたチラシ、ゆうパックの着払い送り状。になります。

 

個人的には「ゆうパックの着払い送り状付き」は親切だと思いました。昔と違いゆうパックはローソンでも出せるから時間を気にせず深夜でも持っていけるので便利になりました。

 

自宅PC用の固定回線代わりならルーターはホームルーター一択

ホームルーターURoad-Home2+を選択
ルーターは5つの中から選択できますが、自宅PC用に選ぶなら「URoad-Home2+」のホームルーター一択です。

 

ちょっと待って!220Mbps対応機種のwifiルーターよりも110Mbps対応機種のホームルーターの方が良いの?

と疑問に思ったかもしれませんが、表記の通信速度はシステム上の下り最大速度となります。数値が多い方が良いに決まっていますが、あくまで理論上の数値でありハッキリ言ってこんな速度出ません。

 

これは何もモバイルルータだけでなく光回線にも言えることです。試しにご自宅の固定回線の速度を調べてみてください。こちらのサイトで通信速度を測れます。

BNR スピードテスト

 

私が自宅の光回線の速度を調べたところ
自宅の光回線の通信速度を調べた結果
21.62Mbps
ちなみに私はauひかりで無線LANを使ってつなげています。上り下り最大1000Mbps(1Gbps)が売りですが、実際はこんなものです。

 

有線LANにしたり時間帯によっては数値は上がると思いますが、1000Mbpsには程遠いです。

 

wimax2+で自宅PC用にルーターを選ぶなら最大速度を重視するよりもアンテナ搭載で室内でのつながりやすさと安定性を考慮してホームルーターの「URoad-Home2+」を選択するのが一番です。

 

あとはどれだけ通信速度が実際にでるのか?その速度で賄えるのかが焦点となります。

 

URoad-Home2+を設置してみました

URoad-Home2+を自宅PCに設置した画像
実際にパソコンにつなげて並べてみるとこんな感じです。大きさも想像の範囲内です。小さくて邪魔になりません。

 

固定用の両面テープも付属されているので、余程のことがない限りデスクから落ちる心配もなさそうです。

 

URoad-Home2+の裏面

URoad-Home2+の裏面
裏面です。電源コネクタの差し込みとLANケーブルの差込口が2つあります。アンテナを2本取り付けています。通信速度を少しでも稼ぎたい方は有線LANを使うといいでしょう。

 

URoad-Home2+のLEDランプ説明

URoad-Home2+の表面LEDランプ表示説明
表面のLEDランプ表示説明です。

電源 電源ONでグリーンに点灯します。
有線LAN1.2 使用時にランプがグリーンに点灯します。通信中は点滅。今回は有線LANでつなげているので有線LAN1が点灯しています。
Wimax WIMAXに接続でブルー点灯。WIMAX2+に接続でグリーン点灯です。今回の使用でブルー点灯になることはありませんでした。通信制限を気にする方は意図的にWIMAXの方に切り替えて速度を落とすことも出来ます。
電波強度 こちらは電波強度に応じて色が変わります。電波強度:強 グリーン点灯。電波強度:中 オレンジ点灯。電波強度:弱 レッド点灯。圏外:レッド点滅。今回使用中は大体がグリーン点灯とオレンジ点灯で極稀にレッド点灯でした。アンテナの向きを変えることで多少は改善できそうです。
Wi-Fi 無線LAN動作中2.4GHzでグリーン点灯、5GHzでブルー点灯 WPS動作中ならグリーンとブルーが交互に点滅します。

 

通信速度を測ってみます

wimax2+でインターネットを使用した通信速度測定画像
4.28Mbps
光通信が21.62Mbpsだったのに対してかなり数値が落ちましたねw この下り4.28Mbpsという数値は30回ほど測って最高の数値です。

 

悪い時は1Mbpsを少し下回る数値が出ました。試しに無線LANでつなげたところ似たような数値が出ました。

 

でもPCもさくさく動いているのでストレスは感じません。私は普段メールのやり取り、WEBサイトやブログの更新、ネットサーフィン、ブラウザゲーム、たまにYouTubeで動画を観るくらいなのでインターネットの通信速度はこれくらいあれば十分なのでしょう。

 

逆に高画質の動画やオンラインゲームを長時間される方やFXや株取引をされる方にはwimax2+はお勧めできませんね。使えないことは無いでしょうが、ストレスが溜まるだけでしょうw月々の費用を考えればwimax2+の方が安く抑えられますが光回線をオススメします。

 

wimax2+のプランと速度制限

もし仮にwimax2+を契約となると各社料金プランが様々ありますが、大きく分けてライトプランとギガ放題プランに分けられます。(各社呼び名は異なります)

 

どちらのプランにも速度制限が設けられているので注意が必要です。

プラン 通信制限 制限を超えた場合
ライト

・月間のデータ使用量が7GBまで

 

・3日間のデータ通信量が3GBまで

・月間7Gを超えた場合、当月末まで通信速度を最大128kbpsに制限。

 

・3日間のデータ通信量が3GBを超えた場合、最大700Kbpsから2M程度の速度に翌日の昼頃から翌々日の昼頃まで制限。

ギガ放題 ・3日間のデータ通信量が3GBまで ・3日間のデータ通信量が3GBを超えた場合、最大700Kbps~2M程度の速度に翌日の昼頃から翌々日の昼頃まで制限。

 

ライトプランの方が料金は安く、ギガ放題は少し高めに設定していますが、ライトプランの月間7GBを超えた場合の制限がかなりきついですね。もし超えた場合は最大128Kbpsのままその月を過ごさなくてはなりません。

 

お客さんをギガ放題に誘導する為に厳しめの制限なのかも知れません。その点ギガ放題の3日間で3GBを超えた場合の制限は、制限されても700Kbpsから2M程度の速度は出るようですし、翌々日には制限解除されているのでライトプランに比べてかなり緩いです。

 

以上のことを踏まえて私はギガ放題のプランで契約をします。ライトプランだと毎日の通信量をさほど使わないにしても月間7GBは流石に超えるでしょうし、超えた場合の速度制限が厳しくてPCでの作業に差し支えるからです。

 

補足としてTry wimaxのレンタル期間中のプランはギガ放題のプランになっています。ギガ放題には「3日間で3GBを超えた場合は700Kbpsから2M程度の速度制限」がありますが、仮に速度制限が掛かった場合に特別お知らせ等は無いとのことでした。

 

まとめ

wimax2+を自宅PC用の固定回線にと考えているなら

  • Try wimaxで実際に試してから
  • ルーターは「URoad-Home2+」のホームルーターを選びましょう
  • プランはギガ放題を選びましょう

 

>>ホームルーターを選べるwimax2+のプロバイダをギガ放題で比較